家計簿が性に合わなかったアラサー男が半年続けられる様になった支払い表

家計簿が性に合わなかったアラサー男が半年続けられる様になった支払い表

家計簿が嫌いでした。あと振り返ることも嫌いでした。道は明日にしか続いていないからです。
けどもういい加減社会人としてヤバいなと思い、超シンプルな出納帳をスプレッドシートで作ったら自分史上最長なんと半年も起票が続いたので共有します。

◆目的
収支の状況把握。次月に向けての振り返り用。
多機能にするとやる気を無くすので極力入力項目を減らして
極力頭と手を使わない設計にする。

◆結果
可処分所得のハンドリングが出来る様になった。

◆やり方

まず軸になる項目を決めます。
自分の場合は変動費の中でもとりわけ食費が嵩んでいたので重点的に見直す為に
①目標額と②実績額、③差額を軸に入れています。
尚、それぞれの関数は以下の通りです。

①一日の食費予算を900円に設定。かけることの日数としています。
この月の場合は30日×900円=¥27,000円。
ちなみに900円というのも基準があるわけではなく、
単純に縛りをつくったほうが面白そうだなと思ったから設定しました。

②実際に発生した額の総和です。
=SUM(C5:C34)としています。
尚、条件付き書式で①を上回った際に赤文字になる様に設定しています。
C列には日の900円を上回ったら赤くなるように、900以下なら青く表示されるように
条件付き書式を設定します。

③①から②を引いています。

D2列〜L2列にはそれぞれの総和を入れています。
④(M2)にはそれぞれの総和の総和を入れています。
これが出費の総額です。こいつがM1を上回ったら人生おしまいです。

尚、詳細はコメント機能を使って本のタイトル等を入れます。
こんな感じで。

あとはこれに入力していくだけです。
今日は○○ポイントダメージくらったから明日はこうしよう、とか
ちょっと本買いすぎたな、、とか振り返って反省できる様になったので
役割としては十分かなと思います。

もっと頭のイイやり方もあると思いますが、今のところはこれで続けられています。
現場からは以上です。