ガチャポンの小さいスーファミことNINTENDO_HISTORY_COLLECTIONスーパーファミコン編レビュー

ガチャポンの小さいスーファミことNINTENDO_HISTORY_COLLECTIONスーパーファミコン編レビュー

タカラトミーから以前販売されて瞬く間に消えていったNINTENDO_HISTROY_COLLECTIONのスーパーファミコン編が再販されました。
スケールは明言こそされていませんが1/12くらいなのでバンダイのSHFiguartsやFigmaと相性が良い大きさの為、色んなフィギュアと一緒に飾ると世界観が広がります。

初回販売時に手に入れられなかったのでこの期にコンプしました。ラインナップは全5種類。一回400円。

1.スーパーファミコン


スーパーマリオワールドとゼルダの伝説神々のトライフォースがついています。
かなり小さいですがよくできています。本物同様頭にソフトを挿入できます。

見てよこのコントローラー。

どうかしてるだろこの細かさ。

1990年11月21日発売
ファミリーコンピューターの好景気として世に登場した家庭用テレビゲーム機。
国内の販売台数は約1650万台以上。(らしい)
カプセル内容は本体、コントローラー*2、AVケーブル、ACアダプタがついています。
買ったらすぐに遊べます。(遊べません)
なんでどこの家庭も母親はアダプターを隠すんでしょうか。

サイズ感は丁度1/12くらいにいいです。
付属しているものは全て連携できます。

2.サテラビュー


別売りのスーファミ本体の下にバコッとつけます。
付属の専用ソフトはスーパーゲームボーイみたいな感じでさらに小さいカートリッジを差して使います。

細かい。。

衛星放送と連携してソフトの提供がされていたみたいです。
当時小学生でしたがリアルタイムでは知らなかったですね。
衛星放送はWOWOWが一部家庭に導入されていました。
鮫亀?だかってゲームがハドソンからでていた気がします。あれは違ったかな。

3.スーパースコープ&マリオペイント


これもまた細かい!!
当時珍しかった画面に向かって撃つとゲームの中で射撃できるシューティングゲームになるやつですね。
当方、スーパースコープのゲームでガイダンスの姉ちゃんを撃ちまくってるだけで笑えるくそガキでした。

ちなみにサイズ感は1/12フィギュアに持たせるとちょいでかいです。

普通の兵器(ウェポン)じゃないか。

マリオペイントセット。

これも懐かしい!!
頭からバケツ被ったマリオをゴールまで誘導する回りくどいゲームでした。
あとなんか音楽ツクールみたいなゲームがついていて、人の顔みたいなアイコンを押すと「アッアーン」って声がして爆笑していました。
今も笑えるんだろか。

4.スーパーファミコン&スーパーゲームボーイ


本体とスーパーゲームボーイのセットです。

なんとゲームボーイソフトが取り外せます笑
これには笑った。

付属ソフトは名作マリオランドです。
第一世代ゲームボーイでは6つの金貨やワリオランドが好きでした。
ちなみにこのセットにもアダプターが付属しているのでお母さんに隠されてもまだ大丈夫。

5.スーパーファミコン&スーパーゲームボーイ2


本体とスーパーゲームボーイ2のセットです。

通信機能がついていたスーパーゲームボーイですね。
残念ながらこのスーパーゲームボーイ2を持っているマイメンは周りに誰もいませんでした。
この頃はポケモン全盛期で、ゲームボーイを持って外で遊んでナンボだった様に思います。公園とかね。
ゲームボーイが本来目指したユーザ体験と実態がシンクロしていたので
家庭でわざわざっていう需要がなかったのかもしれないなと思います。

ちなみにこのセットの付属ソフトはスーパードンキーコングGBです。

かの名作スーパードンキーコング(スーパーファミコン版)のローカライズ版ですね。
スーファミで何だあの描画力は。。。レア社の技術力はバケモンか!って感じですがゲームボーイでも頑張ってます。
しかし何でそれがこのセットになってるのかよくわからんです。
交換要素も通信要素も無かった気がします。

サイズは一緒なので差し替える事もできます。

意味はありません。

6.おまけ ファミコン


今回のセットとは異なりますが、ずいぶん前に見かけて思わず回したら一発で大当たりが出たやつです。
言わずと知れたファミコンです。
こちらもスーファミ同様再販してほしいものです。

なかなか壮観です。
各自持ち寄ったソフトを並べて

なにやる〜?とか友達と悩んだりして。

無意味に積んだりして。

バンダイのSH.Figuartsやfigma、リボルテックなどを様々な小道具と一緒に撮る”オモ写”という新たなフィギュアの愉しみ方が流行り、
ここ数年で1/12スケールのフィギュア市場はかなり盛り上がっているような気がします。

そんな中でコレクションアイテムとしても、1/12フィギュアの添え物としても良く出来たアイテムです。

こういったガシャポンのアイテムは売上が次シリーズにダイレクトに影響があると聞いた事があります。
見ているだけでも色んな記憶がよみがえる逆サイコメトリー商品なので町中で見かけたら回してみてください。

このシリーズ、他のハードも是非作って欲しいですね。





待ってます。